温暖化の原因と仕組み

現在地球温暖化が進み、海面の上昇、干ばつ、気候の変化など様々な問題が発生しています。その原因は諸説ありますが、人間による石油や石炭の利用が大きな要因であると言われています。なぜこれらの利用で地球全体の温度が上がるのか簡単に説明します。
地球には温室効果ガスがあります。温室効果というとよくないイメージですが、実はこのガスのお陰で私たち人間を始め地球上の生物は存在できているのです。つまり、温室効果ガスは人間で言うところの衣服の意味を果たしています。このガスがなかったなら、地球はマイナス18度になるとも言われるほど重要な存在なのです。ここで衣服で考えればおわかりでしょうが、増えすぎると暖かくなりすぎるのです。

花瓶02

地球の気温は何で決まるかというと、太陽から降り注ぐ日射エネルギーと、日射により暖められた地表から宇宙へ放出される熱放射の2つのバランスで決まります。つまり、温度が上昇するメカニズムは空気中の二酸化炭素やメタンなどの温室効果ガスの濃度が高くなることで、宇宙へ放出される熱放射が多くなることなのです。そこで、空気中の温室効果ガスを減らすことで、この熱放射を減らし、温度の上昇を食い止めようという対策が国家を超えて地球レベルで取られているのです。

Comments are closed.