環境関連税制や車体課税のグリーン化、環境関連の税制措置について

地球温暖化の原因の一つとされる、二酸化炭素の排出を抑制するために、石油、天然ガス、石炭などの化石燃料に課税する環境税が2012年10月1日から導入されました。
自動車が動くために必要なガソリンに課税されることが最も身近な例として挙げられるでしょう。
ガソリンのもとになる原油、石油については、平成24年10月1日から1リットルあたり0.25円、平成26年4月1日から0.5円、平成28年4月1日から0.76円の税率が決定されています。
この段階的な引き上げが終わると、約2,623億円の税収が見込まれ、省エネルギー対策や再生可能エネルギーの普及に活用される見込みです。

椅子03

また、環境に優しいとされる自動車にはグリーン減税という優遇が受けられます。
これは平成24年4月1日から平成28年3月31日までの新車登録車を対象に、減税されます。
また、平成17年に制定された基準値低排出ガスを満たしている自動車や、平成27年度の燃費基準を達成した自動車は、自動車税や自動車重量税、自動車取得税を軽減、最大で免税される優遇を受けることができます。
更に新車販売から13年以上が経過している自動車については、自動車税が1割増税されます。

Comments are closed.