自動車税廃止の背景

自動車税が廃止されるという話がありますが、正確には自動車取得税が消費税が10パーセントになるために、その時に廃止するということにはなっています。自動車税は地方公共団体のうち都道府県の貴重な財源であり、なかなかなくなるという方向には向かっていません。
地球温暖化対策税については、ガソリンや灯油、石炭や他に石油製品などに上乗せされ、販売価格に転嫁されて販売されていますが、一般的にどの程度税額が上乗せされているのかについては、小売価格を見ても分からないという現実があります。

和室

そのため、確実な情報源を基に確認をしていく必要がありますが、そもそもこうした税金が上乗せされているということを知らないままに購入している人がほとんどです。
石炭はともかく石油はなくなってしまうと、日々生活する上で石油がないと困るというのはどの世帯でも共通の問題となり得ます。ガソリンを始めとして石油から作られる製品は意外に多く、これらにすべて上乗せされていることは知っておく必要があります。
石油はいずれ枯渇するとも言われており、また多くを消費することで多くの二酸化炭素を空気中に排出しています。その結果、地球の温暖化につながっているという指摘があってこの税金の創設という流れになっています。

Comments are closed.