地球温暖化対策としての自動車税制導入

環境省は、低炭素社会の実現に向けて、地球温暖化対策のための税の導入を、平成24年10月1日より3年半かけて3段階にわけて実施していき、最終的に平成28年4月1日以降には、一世帯当たりのお一か月の負担額は、およそ100円程度になるとされています。対象となるものは、石油・天然ガス・石炭などの化石燃料に対し、その燃料から排出されるCO2の量に応じて負担します。

小物03

日本で排出される温室効果ガスの9割は、エネルギー起源CO2(エネルギーを利用するものから発生した二酸化炭素のことであり)であり、これが温室効果の原因となっています。従ってこのエネルギー起源CO2を減らすことが環境破壊を防ぐ第一歩になるのです。
CO2を多く排出する自動車の税制も見直しが始まっており、平成27年10月の消費税10%引き上げに伴い、自動車取得税が廃止されるため、車の燃費や環境性能に応じて税率を設定するようにして、エコカーへの買い替えを促す狙いがあります。
2012年4月1日から平成26年3月31日までの期間、「自動車税のグリーン税制」として、環境保護を目的としたエコカー減税が実施され、この時期にハイブリッド車などに買い替える人が増加しました。

Comments are closed.