エコドライブのススメ

自動車は便利が良く現在の日本において必要不可欠なものです。自動車免許は老若男女を問わず多くの人たちが所持し、利用されています。特に地方都市においては公共交通の不便さが有りどうしても自動車に頼らざるを得ないのが現状です。だから、エコドライブは自動車を乗る人々は考えなければならないことです。特にエコの車を買わずに出来ることも多いです。街中を走行する時は燃料を満タンにするのではなく、半分か半分以下することも良いことです。信号待ちからのスタートはアクセルを踏み込まずにゆっくりです。

窓

それは発進が一番燃費が多く必要なためです。今のハイブリッドは発進に燃料がかからないようにしています。走り出すとあまり燃料は使いません。高速道も一定の最高速度の範囲で走ることもエコにつながります。一番いけないのは、急のつくこと急発進、急停車、急なレーンチェンジでアクセルを踏み込むことです。脇道から広い道路に出るときに出る前にスピードを出したままにあわてて一旦制止をして、広い道路に出る自動車を見かける時があります。広い道路から見ると脇道から来る自動車はある意味恐怖を覚えます。早く道路に出たい気持ちはわかりますが、安全が第一です。結局はエコは自動車に関わらず環境問題です。環境は人々が何事にも気を使うことです。まず出来る自動車の運転から少しでも意識を持つと環境は守れます。